ニキビ跡対策

思春期のニキビ対処法

初めてニキビで悩んだのは、小学校の高学年から中学にかけての思春期の頃でした。 この年代は特にお肌の皮脂分泌が活発な時期なのか、常に皮脂でベタベタとしていて、そしてその部分に決まって赤みを持ったニキビが大量に出来ました。

おでこは前髪で隠せたので目立ちませんが、頬だけは隠せず目立ったのでコンプレックスでした。 でも実はニキビが出来た時は髪で触れる事はご法度なんですよね。確かに隠せるかもしれませんが、余計に悪化させるだけなんです。

思春期ニキビは、殺菌力のあるちょっと強めの洗顔料で丁寧に洗顔をして、 そして髪がかからない様に常に風通し良くする事を徹底していたら、 いつの間にか高校に上がった頃にはニキビは殆ど目立たなくなりました。 思春期の頃はお肌の乾燥等気にする事がなかったので、殺菌力のある洗顔料だけで対処出来ました。

社会人になって出来た大人ニキビ

社会人になった頃から、不規則な生活をしていたり、生理前になると必ずニキビが出る様になりました。 こんなお肌が敏感な時は、体の免疫も落ちているからホルモンバランスが崩れてしまうので、生活を見直します。

まず、睡眠はたっぷりと取って、お肌に良いビタミンの野菜や果物を意識して摂ったり、脂っこい食事は控えます。 体の中から元気にする様に心掛ければ、肌荒れも起こしにくくなる様な気がしますね。

あと、大人ニキビの場合は乾燥も原因と聞いたので、保湿もしっかりと行いながら、刺激の少ないスキンケア化粧品でお手入れします。 ただ、ニキビがある時はニキビの部分は避けてメイクをします。ニキビには直接触れない様に決して潰さず自然に治まるのを待ちます。