ニキビ跡対策

思春期のニキビ対処法

一般的に大人ニキビと称されるのは、 原則成人年齢を迎えてから主に顎周りやおでこ、胸のデコルテ部分、背中等にできるニキビの事を指しています。 一方で10代の青春の証とも言われる思春期ニキビは、どちらかと言えばテカテカと油っぽく、 大人ホルモンが急激に活性化され、皮脂が多く分泌される為にできるケースが多いです。

反して大人ニキビはホルモンバランスの問題だけでなく、カサカサ乾燥肌や生理周期、 食習慣やストレス等も全て要因に絡んできて、加齢による肌の新陳代謝の低下も原因の1つです。 大人ニキビは思春期ニキビとは違って、オールシーズン通して時期を問わず発症するのも1つの特徴で、 短期間で改善しにくいのもデメリットです。

若いときにはニキビがあっても、しばらくすると治っているものでしたが、大人になってからのニキビは状況が違います。 症状としては収まっても、しみのようにニキビ跡が残ったりして、 見た目に影響を与える期間がかなり長くなっているようです。 若いときはそれだけ新陳代謝が活発ですから元通りになりやすいですが、 大人になるとどうしても治りにくくなってしまいます

社会人になって出来た大人ニキビ

ニキビへの基本的な対処法は、やはり洗顔をしっかりするということです。 また、メイクなども肌に負担をかけないよう、できるだけしないようにする、 しても軽めのメイクにするという心掛けも必要でしょう。 とにかくできてしまうと治りにくい大人ニキビですから、作らないための予防に力を入れるべきです。

また、洗顔後の保湿についてもきちんとケアしていかなければならないのが大人のニキビ。 単に油や汚れを取り去るだけでは、肌の状態が良くないことも多いものです。 特に年齢を重ねると乾燥しがちで、ニキビがきっかけとなって肌荒れが起こることもあるのです。

そのため保湿はニキビがあっても重要で、 刺激の少ない保湿ケア製品などを使っていけば、ニキビができた時でもケアすることができます。 しかし、低刺激と記載されていても肌に合わないことがあるので、使用前にはチェックが必要です。 こういった点に注意しながら、大人ニキビを防いでニキビ跡になるのを予防したいものです。