? 早く消したい黒ニキビ、発生の原因や対処法は?:ニキビ跡を消す!

ニキビ跡対策

気になるの黒ニキビの対処法

一般的にニキビと言うと、白いものか炎症を起こした赤いニキビを連想される方も多いですよね。 いつもはそんな白・赤ニキビばかりなのに、突然と黒ニキビが出来てしまうと、なにか危険なニキビなのではないかと心配になってしまいますよね。 じつは黒ニキビは白ニキビがちょっと進行したもので、黒いから悪いものという訳ではありません。 もちろんニキビは出来ないのが一番なんですけどね。

黒ニキビはよく見かける白ニキビの、毛穴から飛び出した皮脂や汚れの頭部分が、空気に触れて酸化したものです。 白ニキビの原因となる、皮脂やメイクなどの汚れを毛穴に詰まらせなければ、発生を防げるものなんですね。 毛穴詰まりを起こしやすくする原因としては、高温調理して酸化した油を多く摂取したり、過剰な洗顔や油取り紙での皮脂の取り過ぎ、日焼け止めやメイク、アレルギーなどによる肌刺激、洗顔不足、保湿不足、ストレス、睡眠不足、栄養素の偏った食事などがあります。

ニキビが出来る原因は分かっていても、なかなか全てを実行するのは難しいものですよね。 黒ニキビが出来てしまった場合は、スクラブではない、マイルドなピーリング剤を使うと、黒ニキビが取れるのが早くなります。 炎症が無く、飛び出し部分が大きいようなら、5円玉(50円玉)の穴を使って、優しく押し出してみるのも効果的です。

ぷっくりと飛び出した黒ニキビは、指先で挟んで絞り出したくなりますよね。 それでキレイに取れればまだ良いのですが、取りきれずに過剰な圧力を掛けて炎症ニキビに発展させてしまったり、 爪を立てて肌ストレスを与えてしまうと、治りが悪くなり、炎症から色素沈着やクレーター痕を残す事になりかねませんので、 無理に絞り出すのは止めましょうね。

やりがちだけど実はNGな洗顔法

黒ニキビが気になると、多くの人は顔をゴシゴシ洗い、最後はタオルでゴシゴシと水気を拭く…なんてことをやりがちです。

しかし、良かれと思ってやるこの方法、実は間違いだということはご存知でしょうか。 ゴシゴシ洗いは毛穴の汚れを落とし、ゴシゴシ拭くことは水気がしっかり取れるので肌に良いように感じられますが、実はそうではありません。

強い力をかけるということは、肌にとってはダメージにしかなりません。 特に、乾いたタオルでゴシゴシと強く拭くと、本当は必要な角質までボロボロと剥がれ落ちていきます。 柔らかいタオルでやっても同じことです。

しっかり洗っているのになぜか肌荒れがひどい、なんて人は洗い方と拭き方を見直してみてください。 顔を洗う時にオススメなのは、手ではなく泡で洗うようなイメージで、優しくふんわりと洗い上げることです。 今までの方法に慣れていると物足りない感じがするかもしれませんが、余分な皮脂汚れや角質などは泡がしっかり分解し、浮かせてくれます。

また、顔を拭く時も同様に、タオルに水を吸わせるようなイメージで肌をふんわりと包んであげてください。 多少水が残っても、自然と乾燥する程度ですし、拭き取るようなことはやめてください。 これを守るだけで、肌荒れや黒ニキビはだいぶ改善されるはずです。