ニキビ跡対策

肌老化よるニキビと見た目への影響

肌の老化が進むと出来てしまったニキビの治りが遅くなったり、 治ったはずのニキビ跡がなかなか消えなくなったりと、 肌の再生能力が落ちることで様々な影響が出てきます。

また、肌のハリや弾力が落ちるため、 いつもと同じメイクや服装をしていても老けて見られたり、 人に会ったときに疲れているように見られたりします。 これが俗にいう「見た目年齢」と呼ばれるものです。

年齢を重ねるにつれて見た目年齢は気になるもの。 見た目の老化に一番大きな影響があるのは、やはり肌質ですよね。 つややかでハリのある若々しい肌を手に入れようと、 涙ぐましい努力をしている世の女性たち。 そんな女性の期待に応えるべくアンチエイジングの化粧品は日々進歩しています。

それらの高価な化粧品でケアするのも一つの方法ですが、 実は老化防止の秘訣が日々の生活習慣にあるのをご存知ですか。 日常生活で出来る肌の老化防止について2つまとめてみました。

肌の老化防止のために始めたい2つの習慣

1.紫外線はお肌の最大の敵!
高齢の女性の肌を見ると、顔や手などはシワだらけ、シミだらけでも 衣服に隠れている部分、つまり日光に余り触れていない部分は 驚くほど若い肌のままなのです。例えば背中や腕の内側など。

日光に当たらなければ老化はかなり防げる事の証明ですね。 日焼け止めを塗る、日除けの傘や帽子などを使うといった 日常生活の積み重ねが若い肌を保つ秘訣のひとつです。 これはニキビ跡の防止にも繋がるので是非やってみてください。

2.食事は少なめに
食べ過ぎが老化を早めるという研究発表は大きな話題になりました。 必要栄養量の70%の食事を続けるだけで、若さを保つ事が出来るというのです。 ある意味お金も時間もかからない素晴らしいアンチエイジング方法ですよね。

若い頃と同じように食べていては太る上に老化も早めるだけ、 そう考えると健康のためにも腹八分を心がけたいですね。

そのほかにも肌を老化させる原因は様々です。 自分の肌に向き合って、調子の良い時の食生活や生活習慣の特徴を 自分で捉えておくのも大切な事ですね。